カリキュラム

STAGE 1

SCRATCH (ビジュアル型言語)

STAGE2

PYTHON (テキスト型言語)

STAGE3

​ゲームプログラミング

 

STAGE 1

SCRATCH(スクラッチ)を使用してプログラミングを学習します。

SCRATCHは、マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発しているビジュアルプログラミング言語です。ビジュアルプログラミングは、パズルを組み立てるようにブロックとして用意されている「命令」を組み合わせることによって直感的にプログラミングができます。キー入力やアルファバットの知識は必要なく、マウス操作だけで学習できます。

■ エントリーコース

対象学年
小学5年生~中学2年生
学習期間
1~2ヶ月
​学習内容
はじめにパソコンの操作を学習し、SCRATCHの操作や基本的な機能を学びながら、毎回簡単で楽しい作品をプログラミングします。

■ ベーシックコース

対象学年
小学5年生~中学2年生
学習期間
1~2ヶ月
​学習内容
SCRATCHの機能の全体を学習します。よく考えそして試行錯誤しながら、見て驚くような作品をプログラミングします。

■ アドバンストコース

対象学年
小学5年生~中学2年生
学習期間
1~2ヶ月
​学習内容
アルゴリズム(問題を解く手順)の学習をしながら、SCRATCHの機能を組み合わせて、複雑なプログラミングにチャレンジします。

■学習期間は、生徒の意欲や自宅学習によって変わります。上記は平均的な期間となります。

 

STAGE 2

PYTHON(パイソン)を使用して本格的なプログラミングを学習します。

■SCRATCHでプログラミングの基本を学習した後に、本格的なプログラミング言語であるPYTHON学習します。

■ハーバードやUCバークレーのプログラミングの授業でも、ビジュアル型プログラミング言語学んだあとに、テキスト型プログラミング言語を学ぶカリキュラムになっています。

■GOOGLEでは、PYTHONを主要プログラミング言語として採用しています。

■PYTHONは、シンプルさと読みやすさを追求した言語で、イギリスの小中学校ではPYTHONが多く採用されており、SCRATCHに続く子ども向け言語として最適であると考えます。

■ エントリーコース

対象学年
小学6年生~中学2年生
学習期間
2~3ヶ月
​学習内容
SCRATCHのアドバンストコースを受講した生徒や、SCRTACHを十分理解している生徒を対象としています。PYTHONの基本的な文法を学びます。​

■ ベーシックコース

対象学年
小学6年生~中学2年生
学習期間
2~3ヶ月
​学習内容
PYTHONの文法とプログラミングの実践を学び、多くのステップアップの問題でプログラム開発の基本を学びます。

■ アドバンストコース

対象学年
小学6年生~中学2年生
学習期間
2~3ヶ月
​学習内容
文字列・数列・グラフなどの複雑なアルゴリズムを学習して、高度なプログラミングをマスタします。
 

STAGE 3

子どもプログラミングの本来の目的の論理的思考・創造性・問題解決力を高めるためのコースです。

■企画、設計、テスト、デバッグなどの開発手順を理解します。
■対戦の方法、エラー処理、処理スピード、ユーザーインターフェイスなど、広い視点で深く考えて工夫することを学習します。
■「ゲームを面白くするには」「使いやすくするには」「処理を早くするには」など、みずからに問いかけながら改善をリアルタイムで確認にしながら繰り返すことを体験します。

■ ゲームプログラミングコース

対象学年
小学6年生~中学2年生
学習期間
3~4ヶ月
​学習内容
パイソンを使って魔法陣、数独、三目並べ、オセロのゲームを作成します。
BLOG 2020年1月に岡崎教室でプログラミングコースを開講します。

Copyright © Bergere Inc. All Rights Reserved.